ニュース

コンテナ市場展示会レポート(東北、北陸) 

2018年9月29日に、北陸(新潟)と東北(多賀城)の会場でコンテナ市場の展示即売会が開催されました。
前回の神戸、横浜の都市部会場と違い、地方での展示即売会ではどのようなコンテナハウスをお買い求めのお客様が多いのでしょうか?
前回レポートでの内容と比較してレポートします。

なぜ展示即売会に来たのですか?

前回の神戸、横浜での展示即売会と同じ質問をしてみました。
展示即売会へご来場されたきっかけに違いはあるのでしょうか?

  • 絶対に欲しいコンテナがあったので購入しに来た。
  • コンテナを近くで見られる機会がないので、いい機会だと思って見に来た。
  • 展示会の告知をみて興味があるコンテナがあったから見に来た。
  • 以前から来場してみたかったが、休日が合わなかったので土曜開催の機会に見に来た。
  • 近くに現物コンテナを見られる場所がないので、遠方から見に来た。
  • 購入予定はないが、プレハブ倉庫にはないコンテナ特有のゴツさが好きで見に来た。

神戸、横浜の時と比較すると、具体的に購入を検討されているお客様が来場されている傾向にある回答が得られました。
近くではコンテナを見られないために遠方から来場されたというお客様は、横浜・神戸と共通していらっしゃいました。
また、コンテナに興味がある、コンテナのごつさが好きだということで来場されたお客様は、将来的に何かの機会で是非コンテナを使用していただきたいです!

ご来場者の注目商品

ご来場者様の注目商品は都市部と地方で違いがあるのでしょうか?

  • 新品のコンテナ
  • シャッター付きコンテナ

地方では、都市部と違い、広い土地を使用することができます。
そのため、小型コンテナではなく、通常の20,40フィートコンテナをお探しのお客様が多いという結果になりました。
また、新品のコンテナに扉やシャッターを取り付けることで、長く使用したいという方が多くいらっしゃいました。
シャッター付きコンテナも都市部と同じように根強い人気が印象的でした。

こんな事にも使えるコンテナハウス

東北、北陸での展示即売会にご来場されたお客様が考えているコンテナハウスの使い方の一例をご紹介します。

  • 断熱内装工事済みのコンテナハウスによる農業用の作業場に
  • バイクのガレージなどの趣味部屋に
  • 会社の敷地内に倉庫として

神戸、横浜で開催した際にも同じでしたが、コンテナの使い方は多岐に渡り、販売を行っている当社でも思いつかなかったような使用方法で使用を検討されているお客様が多いと感じました。

※ご購入に関してお気をつけていただきたいところ※

東北、北陸での展示即売会では、9月半期のタイミングでコンテナの購入を検討されている個人事業主のお客さまや、個人のお客さまで新築などのタイミングでコンテナを設置したいといった具体的に購入を検討されているお客様の来場が目立ちました。
今回の展示即売会でも現物のコンテナを見て、その大きさに圧倒されて実際に設置を考えている場所まで運ぶことができるのか?と心配されるお客様が多かったです。
コンテナ市場では、そんなお客様のために設置のアドバイスなども行っております。
設置場所が営業所の近くであれば、担当者が近くに行った際に実際に現場を確認して、どのような搬入方法が良いのかを現場を見ながらお話しすることも可能です。

コンテナ市場の展示即売会では、コンテナの搬入や改造に関することも気軽にお聞きいただくことも可能ですので、ご購入を検討されている方は是非コンテナ市場の展示即売会にご来場くださいますようお願いします。

0120-757-589

全国の営業所・展示会場案内

コンテナ市場は全国に拠点がございます!
東北、横浜、北陸、神戸、四国、沖縄。
お近くの営業所へご連絡ください。
展示会場も併設しております。